• 印刷する

【わたしの在宅ライフ】マレーシア男性(54)の過ごし方 孫との触れ合い楽しみに

新型コロナウイルス感染防止のための外出規制や自粛、新たな生活様式が広まる中、アジアの市民は自宅でどう過ごしているのか。在宅時の一日のスケジュールのほか、利点や困り事、ストレス解消法などを紹介してもらった。

マレーシア南部、シンガポールと国境を接するジョホールバル市在住のサム・チャーペンさん。日系自動車メーカーで20年以上働いてきたが4年前、旅行業界に転職。学生時代からの親友が営む旅行会社に勤務し、自国を訪れる外国人向けのツアー手配や運行を取り仕切っている。

今年3月、政府が活動制限令を出したことを受けて在宅勤務を開始した。今はオフィス勤務も条件付きで緩和されたが、毎週金曜の午前中のみ通勤し、在宅勤務を続けている。外国人観光客の入国を政府が許可せず、仕事量が著しく減少してしまったためだ。

コロナ禍の中、無念の出来事があった。共に暮らした義母の逝去だ。平常時なら車で1時間のシンガポールに住む妻の兄弟たちが誰も入国できず、オンラインでの葬儀に参加するにとどまった。

孫のエイトン君と過ごすのが至福の時間(チャンさん提供)

孫のエイトン君と過ごすのが至福の時間(チャンさん提供)

ジョホールには値段が安くて環境が良いゴルフ場がたくさんある。仲間との交流や健康管理に欠かせないスポーツだ(同)

ジョホールには値段が安くて環境が良いゴルフ場がたくさんある。仲間との交流や健康管理に欠かせないスポーツだ(同)

宅配のグラブフードで注文したチキンライス(同)

宅配のグラブフードで注文したチキンライス(同)

間食のパンダンケーキ。パンダンリーフの葉エキスを用いた緑鮮やかなシフォンケーキで、当地ではポピュラー(同)

間食のパンダンケーキ。パンダンリーフの葉エキスを用いた緑鮮やかなシフォンケーキで、当地ではポピュラー(同)

一方、うれしい出来事もあった。今年生まれた初孫エイトン君の存在だ。平日はたいてい娘が孫を連れてやってくる。「孫の面倒を見るのが嬉しくて、可愛くてね」と顔をほころばせる。

月曜午前と金曜午後は決まって社長とゴルフに出掛け、健康管理とストレス発散を兼ねた楽しみになっている。

「キャディーなしで9ホール。2時間楽しんで26リンギ(約660円)くらい。安いでしょ。ジョホールのゴルフ場は気持ちよくて最高」(チャーペンさん)

事業の立て直しに頭を悩ませながらも、「今の生活スタイルは気に入っている」とチャーペンさん。公私とも大切な人々との絆の深まりを実感している証なのかもしれない。(文・写真=ライター・鈴木美鈴)

※特集「わたしの在宅ライフ」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2020年10月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

キリンが国際仲裁へ、軍系との合弁解消巡り(12:51)

日立金属、科技研の共同研究に7億追加投資(13:55)

テイクオフ:三省堂がこのほど発表し…(12/06)

ホテルニッコー、開業時期を24年に延期(12/06)

【書籍ランキング】11月18日~11月24日(12/06)

【この人に聞く】東急不動産、中間層に照準 賃貸・分譲住宅、首都圏で(12/06)

農産物輸出が初の1兆円へ、牛肉や日本酒増(12/06)

ホンダが新会社、電動三輪バッテリーシェア(12/06)

NSWとNTからの日本入国、隔離規制を維持(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン