• 印刷する

失業率、年末までに7%台に悪化か

香港の専門家の間で、失業率が年末までに7%台に悪化するとの見方が広がっている。中国本土との往来再開のめどが立たない中、小売業や観光業では厳しい経営環境が続いている。このままでは中小企業を中心に人員削減を余儀なくされるとし、失業者向け支援策の強化を求める声も上がっている。21日付信報などが伝えた。

シンガポール系DBS銀行(香港)のエコノミスト、謝家曦(サミュエル・ツェ)氏は、小売業と観光業の雇用情勢の悪化で失業率が年末までに7.2%まで上昇すると予測。昨年の社会混乱以降なんとかしのいできた中小小売事業者の間では、今後廃業ラッシュが加速するとの厳しい見通しを示した。

香港中文大学商学部の李兆波(サイモン・リー)高級講師は、新型コロナウイルスの影響が長期化していることから、事業再編に着手する企業も少なくないとみており、年末には失業率が7%台に達するとの見方を示した。

親中派労働団体の香港工会聯合会(工聯会、HKFTU)も、賃金補助制度第2期の終了とともに、リストラの波が香港を襲うと警戒を強めている。工聯会は、失業者向け支援策の要件緩和や現金支給の必要性を訴えている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

非住宅物件の増税措置を撤廃 施政報告で表明、26日から(11/27)

ジェトロ、日本産酒類の香港販売を支援(11/27)

インフラ整備、毎年1千億ドル超を支出(11/27)

本年度経常支出4866億HKドル、過去最高に(11/27)

河套ハイテクパーク1期ビル、24年にも完成(11/27)

50年までに脱炭素実現、来年半ばに行動計画(11/27)

香港との通貨スワップ、規模拡大で5年延長(11/27)

5G向け周波数帯を追加割り当て、21年に(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン