• 印刷する

通信ジオ、クアルコムと5G事業で提携

インドの複合企業リライアンス・インダストリーズ(RIL)は20日、通信・IT事業子会社ジオ・プラットフォームズ(ジオ)が米半導体大手クアルコムの子会社クアルコム・テクノロジーズと第5世代(5G)移動通信サービスの開発で提携したと発表した。

今回の提携には、RILが2018年に買収し完全子会社化した米ソフトウエア企業のラディシスも参加する。3社は、インドでの5G通信網のインフラとサービスの開発を迅速に進めるために協力する見通しだ。

ジオはまた、クアルコム・テクノロジーズの5GRAN(無線アクセスネットワーク)プラットフォームを活用した5G移動通信システムの無線仕様「5G―NR」の試験運用で、通信速度1Gbps(ギガビット毎秒)を達成したと明らかにした。

ジオは7月、クアルコム傘下のクアルコム・ベンチャーズから出資を受けると発表した。調達額は73億ルピー(約104億7,000万円)。


関連国・地域: インド米国
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府は使い捨てプラスチ…(12/03)

祭事期のEC取引83億ドル 予想以上に好調、8800万人が消費(12/03)

11月の二輪販売、3社が2桁成長(12/03)

11月の商用車販売、4社がプラス成長(12/03)

日産、新型SUV「マグナイト」の予約開始(12/03)

ヒマドリ、二輪・三輪の電動車両分野に参入(12/03)

配車オラ、オーストラリア事業の継続を表明(12/03)

本年度の再エネ追加容量、最大8GW(12/03)

タイヤのマキシス、南部州でシェア5%目標(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン