• 印刷する

ソカーが代行運転に参入、タダのアプリ活用

モビリティーサービスを提供する韓国のソカーが20日、子会社の配車サービス「タダ」のアプリを使う代行運転サービスを28日から始めると発表した。

新サービス「タダ代理」の利用者は、タダのアプリから代行運転手を呼び出す仕組みだ。同サービスは◇明瞭な料金設定◇ルートの指定◇運転手と客の相互評価システム――などが特徴。これまでのアプリ運用で培ったノウハウや技術を生かしたサービスで差別化する。

今年3月、レンタカーと一般ドライバーを活用した配車サービス「タダ・ベーシック」が関連法改正で終了に追い込まれた後、ソカーは大きな動きを見せていなかった。だが今月に入り、タダかソカーのアプリを使うタクシーサービスや中古車取引サービスなどの新事業を相次ぎ発表している。

ただ、どの事業もカカオ子会社のカカオモビリティーと類似する事業が多く、今後は競争激化が予想される。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:創業者の死後、「王子の…(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

輸出2カ月ぶりプラス成長 ハイテク好調、コロナで腰折れも(12/02)

コロナ感染者、3日連続で400人台(12/02)

アシアナ買収に青信号、KCGIの主張棄却(12/02)

ホーチミン鉄道5号線、韓国コンサル選定へ(12/02)

KALリムジン事業、国内ファンドに売却へ(12/02)

仁川ーマニラ線、17日から往復運航再開へ(12/02)

JR九州、運休中の日韓航路縮小へ(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン