制限期間中の出国者、医療費再び政府負担に

シンガポール政府は20日夜、新型コロナウイルスの流行後に出国し、海外で感染した国民、永住権(PR)保持者、長期滞在ビザ保有者のコロナ医療費を、再び政府が負担すると発表した。出入国制限を徐々に緩和し、観光目的を含む人の往来を加速させる政策の一環という。 政府はこれ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムへの投資支援加速 UOB銀行、11億ドル誘致へ(12/04)

電材HD、現地クレーン大手を買収(12/04)

人工鶏肉の販売認可、米社が世界初取得(12/04)

代替食品専門の米投資会社、新興2社に出資(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

隣国同業を「買収する側」=配車グラブ幹部(12/04)

米資産運用ベアリングス、事業所開設へ(12/04)

2国間高速鉄道、凍結期限前に両国首相会談(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン