• 印刷する

9月の新車販売確定値、48%減少

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、9月の自動車販売台数(ディーラーへの出荷ベース、確定値)は、前年同月比48%減の4万8,554台だった。下げ幅は前月の59%減から縮小した。前月比では3割増加した。

9月に出荷台数を記録した27ブランドのうち、前年同月を上回ったのは日産自動車とフランスのルノー、韓国の起亜自動車のみだった。日産は5割増の1,421台。前月も6,829台と大幅に出荷台数を増やしていた。

車種別では、市場全体の4割を占める二輪駆動車が6割減少して2万83台。最も落ち込みが大きかったバスは7割減の121台。中でも車両総重量が24トン超の大型バスは3カ月連続で0台だった。

小売り販売台数は48%減の4万3,362台だった。

1~9月累計では出荷台数が前年同期比51%減の37万2,046台、小売り台数が47%減の40万7,396台だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチンのコールドチェーン、97%完成(16:49)

東京ガスが総額100億円出資 地場精製2社に、過去最大規模(11/27)

テイクオフ:菅義偉首相が10月に初…(11/27)

韓国CJグループ、年内にアミノ酸を生産(11/27)

ユニ・チャーム、生理用品の生産増強へ(11/27)

金融部門のオムニバス法、13本の法律改正(11/27)

石炭協会、来年は中国に15億ドル相当を輸出(11/27)

グラブ、バリでホンダの電動バイク運用(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン