携帯小売市場は飽和、新サービスなど課題

ベトナムの携帯電話小売市場は飽和状態であり、業界大手のテーゾイ・ジードン投資(モバイル・ワールド・インベストメント、MWG)やFPTデジタルリテール(FPTリテール)は、新サービスの開始や移行を図っている。ベトナム・ニュース(VNS)電子版などが20日に伝えた。…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

ホーチミン市、2人の市中感染を報告(12/02)

統一鉄道、中部ケネット峠区域を改良へ(12/02)

ホーチミン鉄道5号線、韓国コンサル選定へ(12/02)

FIDECO、ホーチミン市にオフィスビル(12/02)

外資系企業の11%、事業縮小を検討=調査(12/02)

住商、タンロン2で太陽光発電事業を開始(12/02)

カンクン、ベトナム中部の太陽光発電所買収(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン