バンコクのごみ5割を燃料化、32年までに

タイのバンコク首都庁(BMA)は、2032年までにバンコク内で発生するごみの50%以上を発電燃料として利用する目標を打ち出した。埋立処理の比率は24年までに現在の80%から30%へ引き下げる。ターン・セータキットの最新号が報じた。 BMAは、バンコク西部ノンケムでごみを1…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

チェンライで市中感染、帰国者と接触(4日)(12/05)

財務局、首都東郊の高齢者住宅第2期開発へ(12/04)

【BCG経済】仏スエズが再生プラ工場稼働 アジア初拠点、東南アへ輸出狙う(12/04)

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…(12/04)

隣国からの帰国者含む13人感染(3日)(12/04)

物流ケリー、今月第4週目にタイ証取上場へ(12/04)

工業連盟、ごみ発電所の電力買い取り求める(12/04)

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン