東南ア労働市場に新たな機会を 地域センター始動、日米も意欲

東南アジアの労働市場の変化に合わせて環境整備を支援する機関「仕事の未来のための地域センター(RCFW)」が、9月29日にシンガポールで始動した。新型コロナウイルスの流行前から設立準備が進められていたが、コロナ禍で雇用情勢が悪化する中、新機関の果たす役割はより重要…

関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地で顧客情報の流出が…(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

国内企業の業績悪化が強く作用 コロナ禍の経済低迷、金融庁報告(12/02)

上場企業の業績、7~9月期は回復の兆し(12/02)

トラベル・バブル、年内の実施見送り(12/02)

三菱ケミカルHD、企業統治強化で新会社(12/02)

電子書籍取次メディアドゥ、日系企業に出資(12/02)

キャピタランド、日本の物流不動産市場へ(12/02)

複合ケッペル、ベトナム南部の事業から撤退(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン