コロナ感染、下降基調に 首都圏で改善、移動増えリスクも

フィリピン国内の新型コロナウイルス感染が下降基調をたどっている。累計感染者数は35万人を超えているが伸びは鈍化し、東南アジア最悪からは脱した。感染者が多いマニラ首都圏で対策が徹底されたことが大きい。一方、政府は経済再開を重視して公共交通機関の運行を拡大し、観光地…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ガンプラ」と聞けば、…(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

外出制限、年末まで継続か マニラ首都圏、一段の緩和せず(10/20)

コロナ感染新たに2638人、計35万9169人(10/20)

マニラ首都圏、夜間外出規制を短縮(10/20)

フィリピン航空、運航本数2割に回復(10/20)

ATN、南北通勤鉄道で石材供給(10/20)

失業保険、受給資格は5割止まり(10/20)

公共事業、1740件が工期遅延=監査委(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン