EV普及に暗雲、消費者は技術や価格に懸念

インドネシア政府が進める電気自動車(EV)普及プログラムについて、専門家は新型コロナウイルスの大流行で自動車全般の需要が低下していることに加え、消費者がEVの技術や価格に懸念を示していることから、先行きが不透明との見方を示している。ジャカルタ・ポスト(電子版)…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「会員ポイントの獲得方…(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

トリニタンがニッケル製錬 日系と合弁、低品位鉱も加工(10/27)

駐日大使にヘリ・アフマディ氏が就任(10/27)

国内鉄鋼産業の稼働率、40~50%まで回復(10/27)

鉄鋼生産量、最大2000万トンに=中国社(10/27)

首都圏の高速道路6区間、年内に開通(10/27)

ユニリーバ現法、3Qは増収減益(10/27)

国内最大の太陽光発電所、12月に起工式(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン