• 印刷する

テイクオフ:先月、引っ越しを終えて…

先月、引っ越しを終えて新居の電気や水道に問題がないか確認した。オーストラリアだし必ず何か動作しないはず……と思いきや、電気はつくし水も出る。だが最後にお湯が出ないことに気づいた。探し回ってようやく温水用の栓を見つけたが、「触るな」との張り紙が。そんなことも言っていられず勝手に栓を開け、なんとか新生活が始まった。

1カ月後、水道業者が突然訪ねてきた。なんとお湯の栓を開けるため派遣されて来たと言う。そんなものとっくの昔に開けたと返すと、そりゃそうだと苦笑しながら「僕は正式に確認するために来たってわけだ」と言い、「触るな」の張り紙をビリっと破って帰っていった。

入居日から1カ月もたってからご丁寧にお湯を使えるよう取り計らってくれるなんてありがとうと、オージー風のサーカズム(皮肉)が思わず口から飛び出しかけた。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝露店で買うリンゴに…(12/02)

WA州、8日に州境開放 SA州以外全州に(12/02)

労使制度改革、FWCの審査期間を制限へ(12/02)

豪産ワインに212%!中国が反ダンピング課税(12/02)

〔政治スポットライト〕豪中関係最悪に、偽造写真で中国態度緩めず(12/02)

中国がインドネシア産石炭確保、豪に危機感(12/02)

ベガがジュース放出も、ライオン乳業買収で(12/02)

豪政府、1.3億$で旅行業界向け一時金支払い(12/02)

豪の10月建設認可3.8%増、20年来の高水準(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン