日本企業が越境ECに活路、中国で根強いニーズ

【共同】新型コロナウイルスの影響で訪日外国人向けの需要がほぼ消滅する中、日本の小売業者が中国向けの越境EC(電子商取引)を相次いで強化している。現地の消費者の間で日本製品へのニーズは根強く、各社は戦略の軸足をインターネット販売に移すことで活路を見いだそうとして…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品その他製造小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

日本から軽トラ輸入可、中古車規制の緩和で(16:38)

投資促進策、日本支援で改定 コロナ後へデジタル化推進(10/20)

日系企業の3割強が業績改善 7~9月、コロナ禍でも回復軌道(10/20)

MRT延伸、コロナで遅れ 入札難航、完工1年半ずれ込みか(10/20)

携帯MPTと日系2社、デジタル保険販売(10/20)

9月の輸出、米国向け1年2カ月ぶり増加(10/20)

日越が首脳会談、官民で12件の文書交換(10/20)

東芝が量子暗号事業化、世界シェア25%目指す(10/20)

JNTOと自治体、観光ライブ配信で連携(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン