越境EC強化で日本企業と提携 ラザダ、ライブ配信にも注力

東南アジアの電子商取引(EC)大手ラザダ・グループ(本社:シンガポール)は、コロナ禍でネット通販の需要が高まる中、事業成長に弾みをつける施策やサービスを推進している。越境ECでは、日本ブランドの商品の取り扱い拡大に向け、日本市場で初めてパートナー制度を導入。第…

関連国・地域: シンガポール日本ASEAN
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:春節(旧正月)を控え、…(01/28)

地元デザイナー、新商品で協業 仮想インフルエンサーと販促(上)(01/28)

スーパー大手、コロナ特需で賞与16カ月分も(01/28)

住友商事、建機販売・レンタル会社買収(01/28)

島津製作所、高血圧の共同研究施設を開所(01/28)

高齢者のワクチン接種開始、初日は300人(01/28)

外資は長期的視野で投資=ファンド幹部(01/28)

駐在員が住みやすい都市、16年連続で世界首位(01/28)

20年の海外直接投資、37%減の580億米ドル(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン