政策金利据え置き、今年GDPは9.5%減予測

インド準備銀行(中央銀行)は7~9日に金融政策決定会合を開き、政策金利(レポ金利)を4.0%に据え置くと決めた。新型コロナウイルス感染症の流行の長期化が経済に与える影響を軽減し、インフレ率を目標範囲内に収めるため、8月に続き2会合連続で金利を維持した。本年度(202…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

配車オラ、オーストラリア事業の継続を表明(20:15)

テイクオフ:映画好きのインド人の間…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

封鎖解除から半年 コロナ禍の歩み、日系に聞く(12/02)

11月乗用車販売、現代など5社がプラス成長(12/02)

ジェットエア、来年夏に運航再開の可能性(12/02)

タタサンズ、エアアジアへの出資拡大を計画(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン