震災10年目に食品規制撤廃を 日本工商会が20年版白書提出

台北市日本工商会は8日、台湾政府への提言や要望を盛り込んだ2020年版白書を国家発展委員会(国発会)のキョウ明キン(キョウ=龍の下に共、キン=金が3つ)主任委員(閣僚級)に提出した。中でも、11年の東京電力福島第1原発事故から続く日本産食品の輸入規制撤廃を最重要項目…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

台船、資本金を2倍に=大型案件受注へ(19:05)

新型コロナ感染者、685人に(17:55)

テイクオフ:語学検定を受けるため、…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

航空業の純損失百億元超へ 今年予測、貨物が一部穴埋め(12/02)

環球晶、12インチ製品の生産がフル稼働(12/02)

力積電、「向こう5年はウエハー需給逼迫」(12/02)

大聯大、21年の半導体市場を楽観視(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン