• 印刷する

東洋製罐、培養エビ肉スタートアップに出資

東洋製罐グループが出資した、シンガポールのシオック・ミーツが開発・製造するエビの培養肉で作られたシュウマイ(シオック・ミーツ提供)

東洋製罐グループが出資した、シンガポールのシオック・ミーツが開発・製造するエビの培養肉で作られたシュウマイ(シオック・ミーツ提供)

飲料向けなどの包装容器大手である東洋製罐グループホールディングスは8日、シンガポールの「培養エビ肉」スタートアップ企業シオック・ミーツ(Shiok Meats)に出資したと発表した。シオック・ミーツが培養肉の商用化を目指すに当たり、包装、保存、流通などで協力する。

シオック・ミーツのシリーズAと呼ばれる初期段階の資金調達に参加した。シオックの資金調達総額は1,260万米ドル(約13億3,500万円)。東洋製罐の出資額、出資比率は非公表だ。

今回の資金調達では、オランダの投資ファンド、アクア・スパークがリードインベスター(主導的立場の投資家)となった。日系ではこのほか、革新的技術への投資に特化したリアルテックホールディングス(東京都墨田区)が参画。シンガポール企業庁傘下の投資機関シーズ・キャピタルなども出資した。

シオック・ミーツは2018年の創業で、エビの幹細胞から筋繊維を培養し、エビ肉を製造している。22年にエビのひき肉を商業販売することを目指しており、今回調達した資金は、細胞培養プラントの建設、運営に振り向ける。

東洋製罐は19年、オープンイノベーション(外部の研究機関や組織と連携し技術革新に取り組むこと)プロジェクト「OPEN UP! PROJECT」を始動。社会課題を解決し、持続可能な未来を創造することを掲げている。今回は同プロジェクト初の投資案件として、シオック・ミーツに出資した。

東洋製罐グループホールディングス・シンガポール支店の遠山梢マネジャーは「エビの消費量が多いアジアでは今後、人口増加に伴いタンパク質の需要が拡大することが見込まれる。シオック・ミーツは甲殻類の培養肉を製造する世界で唯一の企業。アジア地域の持続可能な食生活の実現に貢献できると考え、同社への出資を決めた」と語った。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

UOBで顧客情報流出、なりすまし詐欺で(17:17)

新規感染19人、市中は3人(10日)(17:15)

ECサイト、コロナ禍で偽造品販売増加(17:01)

空港や港湾でクラスター、計12人が感染(16:45)

4月の外国人入国者、前月比マイナスに転換(16:24)

テイクオフ:新型コロナウイルスの2…(05/10)

1~3月期は大幅増益 大手3行、貸倒引当金減少(05/10)

就労ビザ保有者の入国を規制、日本も対象(05/10)

外国人労働者の雇用奨励金、建設などで増額(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン