• 印刷する

北スラウェシ初の高速道、3分の2が開通

北スラウェシ州で初の高速道路となるマナド―ビトゥン高速道路(ジャサ・マルガ提供)

北スラウェシ州で初の高速道路となるマナド―ビトゥン高速道路(ジャサ・マルガ提供)

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は29日、北スラウェシ州で初の高速道路となるマナド―ビトゥン高速道路(39キロメートル)のうち、マナド―ダノウドゥ間(26キロ)の開通を宣言した。30日から段階的に供用を開始する。

ジョコ大統領はオンラインで開催された開通式典で「マナドからビトゥンまでの所要時間は、開通前の1時間半から30分に短縮される」と強調した。

マナド―ビトゥン高速道路の総事業費は5兆1,200億ルピア(約364億円)。全区間のうちマナド―アイルマディディ間(第1セクション、14キロ)は公共事業・国民住宅省の予算で建設し、残りのアイルマディディ―ビトゥン間(第2セクション、25キロ)は道路公団ジャサ・マルガの系列会社が建設を請け負った。

ジャサ・マルガによると、30日にはまずマナドからカウディタンまで20.5キロの区間で供用を開始し、10月3日に残りの約6キロで利用が始まる。当初2週間は通行料無料で開放する。全線開通は来年6月を予定している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「男心と秋の空」のよう…(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

MRT延伸、コロナで遅れ 入札難航、完工1年半ずれ込みか(10/20)

最賃の算出指標、通信料など4品目追加(10/20)

スリ財務相、自動車税免除の提案を却下(10/20)

国営鉱山、硫酸ニッケル製造を計画(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

中国社、ニッケル・石化に350億ドル投資か(10/20)

パティンバン港の入札事前審査、10社参加か(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン