• 印刷する

テイクオフ:「おそらく今年最大のニ…

「おそらく今年最大のニュースになるだろう」。中国が2060年までに温室効果ガスの実質的な排出量をゼロにするとの目標を打ち出したことを受け、欧州で気候変動の研究や取材をする人たちのSNSが盛り上がった。

中国の環境政策がタイを含む東南アジアに波及したケースとして、プラスチックごみなどの廃棄物の輸入規制が記憶に新しい。タイ政府はプラごみの輸入規制の強化を検討しており、市民の間でもこの案に反対する声はあまり聞かれない。

今後は中国企業による電気自動車(EV)の覇権争いにシフトするだろうか。タイでEVなどの生産を計画する中国の長城汽車のタイ法人が、26日に開幕した北京国際モーターショーに合わせて同社を紹介するライブ動画の案内を何度もメールで送ってきた。再生回数は28日午前で約7万3,000回。早くもタイ事業への意気込みを感じている。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:両親ともにタイ人でタイ…(10/27)

臨時国会でデモ対応を議論 若者は独大使館に行進、調査要請(10/27)

対タイ貿易、1~9月は19%減の55億ドル(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

6割が反体制デモの先行きを懸念=世論調査(10/27)

東洋紡、タイでエアバッグ原糸を生産(10/27)

電動バイクのスワグ、3年以内に現地生産へ(10/27)

有料道の自動料金システム、来年6月に導入(10/27)

旅行者受け入れ、コロナの低リスク地域から(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン