• 印刷する

テイクオフ:「ほとんどみんな辞めち…

「ほとんどみんな辞めちゃったよ。私もその一人」。中部セブ州の語学学校に留学していたときに世話になったフィリピン人の英語教師と、久しぶりに連絡を取った。新型コロナウイルスの影響で失業していた。

多くの留学生でにぎわっていた校舎を思い返す。今その面影はなく、しんと静まり返っているところを想像すると、なんともいたたまれない気持ちになる。他の先生は、洗濯や食事の世話をしてくれていたフィリピン人のスタッフたちはどうしているだろうか。

連絡を取った英語教師は、今もオンラインで英語を教え続けていると返ってきた。気持ちの切り替えが早い。そういえば、英語を教えることは天職だ、と話していた記憶がある。苦しい状況でも、明日はやってくる。「生きねば」。映画「風立ちぬ」のキャッチコピーが頭をよぎった。(凪)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:美の共演は男女を巻き込…(10/27)

日本郵船、船員サービス始動 まず個人融資、独自の審査基準で(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

コロナ感染新たに1607人、計37万1630人(10/27)

外出制限違反の逮捕者99%釈放、内務省(10/27)

マカティ市、地下鉄整備で道路利用権取得へ(10/27)

通信コンバージ上場、初日の取引低調(10/27)

〔セブ通信〕ファミマ、セブに小型店を出店(10/27)

マニラ空港の従業員、1.4万人失業も(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン