外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降

フィリピン政府がマニラ首都圏で敷いている外出・移動制限措置を、10月1日以降に一段と緩和するのには高い壁があるようだ。新型コロナウイルスの累計感染者数が倍増する日数は現在12日間と、政府が理想の移行条件として示す28日間にはほど遠い。足元では重症患者の割合も拡大する…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港改修に暗雲 優先事業者、財務基盤弱く(10/23)

コロナ感染新たに1664人、計36万3888人(10/23)

経済区庁、登録企業9割が事業再開(10/23)

コロナ対策法第2弾、予算配分が低調(10/23)

旅行業団体、航空会社に3億ペソ返金求める(10/23)

フェロニッケル、鉄筋工場が来年着工(10/23)

ニッケル協会、環境対応で2億ペソ投資(10/23)

シェル製油所閉鎖、経済的影響大=フィッチ(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン