• 印刷する

ベトナム産コーヒー、日本の輸入量で首位に

日本財務省の貿易統計によれば、今年1~7月のコーヒー生豆の輸入量はベトナムが首位だった。新型コロナウイルスの影響を受けたカフェ需要の減少でアラビカ種の輸入が大きく減少に転じる中、安価なベトナム産ロブスタ種の輸入が増えている。

ベトナムからの輸入量(HSコード=0901.11~0901.12)は、前年同期から26%増え6万7,393トンだった。4割減のブラジル産(6万3,850トン)を上回った。金額ベースでは、22%増の118億4,000万円。ブラジル(40%減の185億1,000万円)に次いだ。

ベトナム税関総局が発表した1~8月の貿易統計によると、コーヒー輸出量は前年同期比2.1%減の115万トン余り。輸出額は2%減って19億6,945万米ドル(約2,070億円)だった。ロブスタ種は主に、缶コーヒーやインスタントコーヒーに使用されている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ユニクロ店舗前で地元農産品を販売、HCM(18:37)

63省市の3割が「新常態」に 第4波一服、「赤」地域ゼロ(10/25)

週末の市中感染1.1万人増、4波累計88.4万人(10/25)

双日と大ガス、工業団地で屋根置き太陽光事業(10/25)

北部の石炭火発、韓国ポスコが持分売却決定(10/25)

風力発電所、9月以降の運転開始は28カ所(10/25)

出光興産、中南部でブラックペレット生産へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン