国営電力、2カ所目の大規模太陽光発電稼働

マレーシアの国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は22日、大規模太陽光発電(LSS)事業で2カ所目となるクダ州ブキスランバウの発電所を今月8日に稼働したと発表した。当初は12月31日の稼働を目標としていたが、114日前倒しした。 同発電所の設備容量は30メガワット(MW)…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

管理部門1割の時短出勤を許可、貿産省(18:19)

テイクオフ:今度は「ばね指」――。…(10/21)

車協会、販売目標を据え置き 好調維持も10月以降に減速予測(10/21)

活動制限令地域、22日から在宅勤務指示(10/21)

緯創がWDマレーシア工場買収、2900万米$(10/21)

新規感染862人、ス州は132人(10/21)

サバの受検率、地域限定で10%に引き上げも(10/21)

RM1=25.4円、$1=4.15RM(20日)(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン