建設現場の安全対策、監視強化の要望高まる

マレーシアの首都クアラルンプール(KL)郊外の高速道路建設現場で19日に起きた落下事故を受け、安全対策の強化を求める声が高まっている。専門家は、現場の標準作業手順書(SOP)順守について当局が監視を強化するべきだと指摘。建設業者のコスト削減が、安全対策の軽視につ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:きょうから首都圏では、…(10/22)

管理・事務職は出社人数1割 きょうから首都圏で在宅勤務措置(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

9月消費者物価1.4%低下、前月から横ばい(10/22)

RM1=25.3円、$1=4.15RM(21日)(10/22)

新規感染724人、ス州116人(10/22)

ス州に物流ハブ、PNBなど3者合弁で(10/22)

サイムダービー、病院部門の分離上場検討(10/22)

ホンセン、PCR検査キット業者の株式取得(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン