• 印刷する

隣国で1.5万人以上のマレーシア人が失職

マレーシア人的資源省は、今年1~7月にシンガポールで1万5,666人のマレーシア人が失職したと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大抑制のため、シンガポール政府が6月1日まで実施した職場・学校を閉鎖するサーキットブレーカー措置が影響した。22日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

サラバナン・ムルガン人的資源相がこのほど連邦議会上院の答弁で、在シンガポール・マレーシア高等弁務官事務所の資料を引用し、同国でのマレーシア人の失職について説明した。内訳は、サービス業が1万1,123人で最も多く、製造業が3,604人、建設業が939人だった。

シンガポール政府が4月7日にサーキットブレーカー措置を開始したことで、同国のマレーシア人労働者の多くが帰国を余儀なくされた。サラバナン氏によると、マレーシア政府が3月18日に新型コロナ対策の活動制限令を施行し、国境を閉鎖してから帰国していないマレーシア人はこの統計に含まれていない。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつての赴任の縁で創立…(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

新規感染、3日連続で800人超 急増はサバの未処理分追加が一因(10/20)

新規感染865人、ス州は107人(10/20)

プロトンのス州工場で集団感染、50人判明(10/20)

9月新車販売、前年同月比26%増(10/20)

RM1=25.4円、$1=4.14RM(19日)(10/20)

活動制限令地域、スポーツ施設再開を許可(10/20)

首都圏で断水、全面復旧は23日朝の見通し(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン