• 印刷する

テイクオフ:フィリピンの有名観光地…

フィリピンの有名観光地で、旅行者の受け入れが徐々に再開されつつある。最近では、マニラ首都圏に近く日帰りの観光名所として知られるカビテ州タガイタイや、周辺の工業団地に日系企業も多く入居するサンバレス州スービックが受け入れを再開した。避暑地として有名なベンゲット州バギオ市も加わる。

ただ、現時点で受け入れは周辺州からに限定されている。医師の診断書を基に発行される旅行許可証を携帯することや、宿泊施設の事前予約が必要など、準備には気が抜けない。さらに、政府は近く首都圏と地方間のバスを再開すると示唆しているが、まだ運行再開には至っていない。

それでも大きな一歩だろう。新型コロナウイルスを機に、これまで当たり前だと思ってきた自由な移動や旅行自体が、どれほど生活の一部となっていたか身にしみて感じている。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン人の知人が、…(12/06)

オミクロン株に警戒広がる 南アからの入国者、コロナ陽性(12/06)

新型コロナ、新たに603人感染(12/06)

水際強化、PCR陰性証明義務付け(12/06)

比人100人、変異株対策で帰国できず(12/06)

国家接種デー、5日間で990万人到達(12/06)

北部でかんがい施設改修、日本支援(12/06)

経済開発庁、コロナ共生前提で活動再開を(12/06)

経済区庁、電力合理化へメラルコと提携(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン