• 印刷する

8月の自動車生産、上位3社が前年超え

マレーシア自動車協会(MAA)は21日、8月のメーカー別生産台数を発表した。国内上位3社はいずれも単月の生産台数が前年を上回り好調だった。

MAAによると、首位の国民車メーカー、プロドゥアの8月生産台数は、前年比27.1%増の2万4,208台。次いで、同プロトンが89.7%増の1万1,307台、3位トヨタ自動車が7.0%減の3,800台だった。

8月の生産台数は、前年同月比6.9%増の5万228台だった。内訳は、乗用車が8.0%増の4万7,934台、商用車が13.0%減の2,294台。

■SUVが乗用車販売の20%に

MAAは、車種別の販売台数内訳も発表した。

新車販売台数は、前年同月比3.2%増の5万2,800台だった。うち乗用車が前年同月比1.7%増の4万7,591台。セグメント別の内訳は、一般乗用車が3万4,556台、四輪駆動車(4WD)/スポーツタイプ多目的車(SUV)が9,439台、多目的車(MPV)が3,496台、バンが100台だった。

同月の商用車販売台数は19.9%増の5,209台。セグメント別の内訳は、ピックアップトラックが3,561台、トラックが1,248台、バンが295台、プライムムーバー(けん引車)が92台、バスが13台だった。

MAAは8月、メーカー別の国内新車販売台数の発表を四半期ベースに変更すると発表したため、月次ベースでのメーカー別販売台数は明らかになっていない。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:おためごかし。人の「た…(10/28)

【東南アジア人材の勘所】ASEAN域内に見る日本企業の人材育成(10/28)

日台企業連携で販路拡大へ ジェトロ、商談会に向けセミナー(10/28)

新規感染835人、前日から400人減少(10/28)

【食とインバウンド】 代替するのは肉だけではない(10/28)

RM1=25.1円、$1=4.17RM(27日)(10/28)

日本電気硝子、現地工場新ラインを今月稼働(10/28)

プロトンが小型SUV発売、予約は2万台超(10/28)

クーリエ業者の認可凍結、22年9月まで(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン