• 印刷する

複合ケッペル子会社、韓国の年金基金と提携

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)ケッペル・コーポレーションは21日、資産運用部門のケッペル・キャピタル・ホールディングスが韓国の年金基金である韓国国民年金公団(NPS)と提携すると発表した。アジアの民間インフラなどに共同で投資していく。

ケッペル・キャピタルは、エネルギー、環境関連のインフラの開発・運営・維持や都市開発などでの投資実績を生かし、巨額の資金を持つNPSと組んでアジアの民間インフラに投資する機会を模索する。不動産、データセンター、高齢者施設などへの投資も視野に入れる。

NPSは資産規模が世界3位の年金基金だ。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米GSに罰金3千億円、1MDB汚職巡り(10/23)

ドンドンドンキ8号店、30日に南部で開業(10/23)

9月CPI上昇率、6カ月ぶりマイナス脱却(10/23)

西部の都市型農園が開業、年100トン生産(10/23)

新規感染10人、計5万7951人(23日)(10/23)

ネット通販、近隣諸国のサイト利用が急増(10/23)

ドイツとの渡航制限緩和へ、欧州とは初(10/23)

従業員の9割、技能向上の必要性を痛感(10/23)

店舗賃料5%下落、3四半期連続マイナス(10/23)

7~9月工業不動産賃料、コロナで低迷続く(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン