マニラ南北鉄道、開通へ前進 メガワイド連合、第2期を受注

フィリピンのマニラ首都圏と郊外を結ぶ南北通勤鉄道の延伸事業(パンパンガ州クラーク国際空港―ラグナ州カランバ間)が、2025年までの全面開通に向けて前進している。第1期は日本勢が着工済みだが、新たに第2期の一部区間を地場建設大手メガワイド・コンストラクションの連合が…

関連国・地域: 韓国フィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

11月末までの外出制限延長、正式決定(10/30)

コロナ感染新たに2006人、計37万8933人(10/30)

高速料金所の電子化延期 12月1日に、車両の対応遅れ(10/30)

コロナ感染新たに1761人、計37万6935人(10/30)

オフィス新規供給64%減に、コリアーズ(10/30)

賭博公社、1~9月は純利益97%減(10/30)

セメント製品、生産国名の明記を義務化(10/30)

21年度予算、12月中旬に大統領署名へ(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン