資金還流申請、満2年で4000億元へ=中銀

台湾企業や個人が海外にある資金を台湾に戻し入れる際、条件付きで税制優遇を受けられることを定めた「境外資金匯回管理運用及課税条例」に関して、台湾中央銀行はこのほど、施行から満2年となる2021年8月14日までに累計の還流申請額が4,000億台湾元(約1兆4,500億円)を超える…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3週間ほど前、家族総出…(10/27)

土地取得が今年過去最高額か 市場上向きで、中南部に人気(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

織布の輸入依存、現調率は約4割=国会報告(10/27)

三菱ガス化学、聯茂と合弁設立へ(10/27)

多摩川HD、稜研科技に1000万元出資(10/27)

穏懋がフル稼働、新iPhone向けに追加受注(10/27)

正ワイのインド工場、設備破壊=競合関与か(10/27)

樺漢系の超恩、自立走行型ロボット開発(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン