原産地の自己証明制度、ASEANで導入

東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国全体で、原産地証明の手続きを簡素化する取り組み「ASEAN地域自己証明制度(AWSC)」が、20日から導入された。 ASEAN物品貿易協定(ATIGA)修正議定書が昨年8月に発効した後、約1年間の準備期間をへて運用が開始…

関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナのため家で過…(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

東南ア労働市場に新たな機会を 地域センター始動、日米も意欲(10/20)

ツアーガイド業務など再開可能、19日から(10/20)

JNTOと自治体、観光ライブ配信で連携(10/20)

観光局、日韓とのトラベルバブル合意に期待(10/20)

観光局、米ネット旅行予約大手と提携(10/20)

米サーモフィッシャー、無菌充塡施設を増強(10/20)

ナノフィルム上場へ、近年最大規模のIPO(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン