• 印刷する

テイクオフ:一部の農家は型破りな真…

一部の農家は型破りな真珠の養殖を試みている。真珠を海が無いところでも養殖しようとしているのだ。

南部ケララ州のとある地域には、実際に自分の池で真珠を生産する農家がある。河川にすむ淡水性のイシガイを使用し、真珠を生産する。彼らはこの技法を中国から学んだという。生産された真珠のほとんどはオーストラリア、サウジアラビア、クウエート、スイスに輸出される。従来の作物から十分な利益を得られず、追加収入を得るために、この生産方法を学んで採用している農家があるという。

興味深いのは、真珠生産者のプロフィールだ。異業種から転身した人も多く、彼らは当地の他の農家とは異なり読み書きができる。前述のケララ州の農家は元大学教授だ。真珠はインド国内で需要が高く、南部のハイデラバードが主要な流通ハブとなっている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

感染4万人、死者1000人に=22日夜(10/23)

東京発の臨時便が可能に JALと印国営、定期便は運休(10/23)

観光以外の入国を許可=内務省(10/23)

日産、新小型SUV「マグナイト」21年投入(10/23)

スズキの西部工場、生産100万台を達成(10/23)

超短期滞在の入国容認へ、72時間の商用目的(10/23)

シュコダ、向こう2年で生産能力20万台に(10/23)

二輪ロイヤルの倉庫で火災、負傷者なし(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン