ミャンマーはプラス成長維持 ADB、縫製打撃も農業で輸出補完

アジア開発銀行(ADB)は先ごろ発表した「アジア経済見通し(ADO)」の改訂版で、ミャンマーの2020年の国内総生産(GDP)成長率を1.8%のプラスに据え置いた。新型コロナウイルスの影響で主力の縫製業が打撃を受ける一方、輸出が農産物の好調で前年を上回っていることなど…

関連国・地域: ミャンマーカンボジアラオスASEAN
関連業種: 繊維農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

感染4万人、死者1000人に=22日夜(14:22)

8月インフレが今年初の加速 1.8%、コロナ禍なお重しに(10/23)

ミャワディ経由のタイ国境貿易、60%減少(10/23)

ヤンゴンの韓国工業団地、1期の入札が開始(10/23)

感染1千人超え、6日連続=21日夜(10/23)

コロナ感染拡大で隔離施設増設、マンダレー(10/23)

果物輸出協会、ヤンゴンで移動販売を計画(10/23)

国産ショウガの需要、国際市場で増加(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン