企業トップ景況感、自国経済は比較的楽観視

大手会計事務所KPMGによる企業トップを対象とした景況感調査で、シンガポールでは自国経済の先行きを楽観視する最高経営責任者(CEO)が、世界平均よりも多いことが明らかになった。 調査は7~8月に、世界11カ国・地域の315人のCEOを対象に実施。シンガポールでは25人…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米GSに罰金3千億円、1MDB汚職巡り(12:25)

ネット通販、近隣諸国のサイト利用が急増(16:59)

ドイツとの渡航制限緩和へ、欧州とは初(16:49)

従業員の9割、技能向上の必要性を痛感(16:33)

店舗賃料5%下落、3四半期連続マイナス(15:18)

7~9月工業不動産賃料、コロナで低迷続く(10/23)

給与未払いなどの紛争、1年間で6537人(10/23)

観光局、民泊仲介米社とデジタル分野で提携(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン