• 印刷する

三菱電機、東部にEファクトリーのデモ施設

三菱電機は、タイ東部チョンブリ県にある国立ブラパ大学内に、FA(ファクトリーオートメーション)―IT統合ソリューション「e―F@ctory」のモデルラインを構築した。タイ政府が掲げる先進国入りを目指すための産業高度化政策「タイランド4.0」を担う専門人材の育成に役立てるほか、タイ国内の製造業向けのショールームとしての機能を担う。

ブラパ大学内に開設された「オートメーション・パーク」の意義について語る、EEC事務局のカニット事務局長=18日、タイ・チョンブリ県(NNA撮影)

ブラパ大学内に開設された「オートメーション・パーク」の意義について語る、EEC事務局のカニット事務局長=18日、タイ・チョンブリ県(NNA撮影)

三菱電機でFAを手掛ける現地法人、三菱電機ファクトリーオートメーション(タイランド)=MELFT=は昨年3月、東部3県(チョンブリ、ラヨーン、チャチュンサオ)の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」で必要とされる人材育成のための施設「オートメーション・パーク」の共同開設に関する覚書を締結。その第1弾として、MELFTのe―F@ctoryのモデルラインが完成し、18日に現地で式典を開催した。

EEC開発を担当するEEC事務局のカニット事務局長は、「EEC開発の推進には、向こう5年でオートメーション関連の人材だけで3万7,000人が必要だ。オートメーション・パークはそのための専門人材の養成に重要な役割を果たす」と語った。

MELFTの矢作典路副社長がNNAに説明したところによると、オートメーション・パークは、今回完成したe―F@ctoryの展示機能のほか、学生などが実際に設備に触れながらプログラミングなどを学ぶトレーニング・センター、FA技術者とスタートアップ、ベンチャー企業などとのコーワーキング機能を担う。総事業費1億バーツ(約3億3,600万円)のうち、半分程度を三菱電機が支援することになっており、来年2月の全体完成を予定している。

三菱電機は2003年、工場の「見える化」を実現するFA―IT統合ソリューション、e―F@ctoryの推進プロジェクトを始動。モノのインターネット(IoT)を活用して工場での工程を可視化することで、リアルタイムでデータを収集、分析し生産性の向上を目指している。13年にMELFTを設立。タイランド4.0を進めているタイを、東南アジア諸国連合(ASEAN)における自動運転システムとFA事業に関する中核拠点として位置付けている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の非常事態宣言解除、デモ収束は不透明(10/22)

首相に3日以内の辞任要求、デモ隊譲歩せず(10/22)

ミャワディ経由のタイ国境貿易、60%減少(10/23)

デジタル元の越境決済、香港政府も協力検討(10/23)

上陸拒否外国人1万人超、虚偽申請8割(10/23)

海外ツアー再開はまだ先、文化観光省が指示(10/23)

テイクオフ:雨期明けを惜しむかのよ…(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン