• 印刷する

テイクオフ:タイ軍事政権の最高機関…

タイ軍事政権の最高機関だった国家平和秩序評議会(NCPO)が2014年に発足してから19年までに、国防省に割り当てられた予算は総額1兆バーツ(約3兆3,600億円)に上るといわれている。その巨額な予算はどこに消えてしまったのだろう。

下院は16日、2021年度予算のうち1,070億バーツを同省に割り当てることを可決した。前進党のピタ党首は、同省の予算には不可解な点が多いと指摘している。例えば、軍人用の下着やジャングルブーツが市場価格よりも高く設定されていることだ。政府は先に、野党の反対を受けて、中国から225億バーツで潜水艦2隻を調達する計画を1年延期すると発表した。

軍が主張するように汚職などの不正がないとすれば、予算拡大はただ単にぜいたくになった証か。いずれにしても、コロナ禍で国全体が苦境にある中、巨額な予算に疑問を抱かずにはいられない。(ワ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

財務省、20年成長率を7.7%減に上方修正(10/30)

いすゞが「mu―X」を刷新 7年ぶり、世界に先駆け来月発売(10/30)

三菱自、タイ製のPHVを12月1日発売(10/30)

ファストオートショー開幕、販売目標2千台(10/30)

1~9月のメーカー別車輸出、10社中9社減(10/30)

タイの仕向け地別の車輸出台数(20年9月)(10/30)

NCネット、デジタルショールーム開設へ(10/30)

二輪融資Tリーシング、3年で貸付330億円へ(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン