• 印刷する

テイクオフ:「祇園精舎の鐘の声 諸…

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」。よく知られた平家物語の冒頭だ。この世の中に全て同じ物はなく、常に変化し続ける。そんな仏教思想に基づく無常観を表した名文としても知られる。

平家物語の舞台となった京都大原の寂光院を先ごろ訪ねた。てっきり祇園精舎は京都市内にあるのかと思ったら、そうではなく、ブッダが説法をしたインド北部(現ウッタルプラデシュ州シュラバスティ)にあった寺院のことを指しているのだという。800年も昔の日本人が正確な場所など知る由もなく、中国のはるか西にある聖地を想像したのだろう。

インドでは今、新型コロナウイルスの感染者が世界第2位の500万人を超え、死者は8万人に達した。世界が無常であるなら、この試練が永遠に続くはずはない。「早くコロナが終息しますように」と誰かが書いた絵馬に手を合わせた。(吉)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新空港、当初計画を3割縮小 着実な実現へ旅客規模見直し(10/27)

ANAの成田ープノンペン運休、1月末まで(10/27)

YKK、業務改革で納期短縮 RPA導入、窓口業務を自動化で(10/27)

日本郵船、船員サービス始動 まず個人融資、独自の審査基準で(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

タイヤ輸出拡大に期待 中国への課税で恩恵、日系も増強(10/27)

トリニタンがニッケル製錬 日系と合弁、低品位鉱も加工(10/27)

三菱ガス化学、聯茂と合弁設立へ(10/27)

トヨタ系がデジタル通貨、調達に活用も(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン