工業団地運営、今年は大幅減益か=SSI

ベトナムのサイゴン証券(SSI)によると、下半期(7~12月)に工業団地運営企業の利益が大幅に低下しそうだ。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)でベトナムと世界各地を結ぶ国際便が減少したことで、入居を検討する外国企業の現地訪問が減り、運営企業との商談…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】ヤマト、提案力で供給網確保 非接触の引っ越しなど新たな挑戦(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

北部高速の道路連絡拡張、運輸省が予算要請(09/23)

ザインコイ、中部と南部で相次ぎ不動産買収(09/23)

LGの越法人、家電販売好調で売上大幅増加(09/23)

テーゾイジードン、1~8月は増収減益(09/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(7月) 3カ国でマイナス成長(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン