• 印刷する

空運運賃、年末まで上昇傾向継続か

航空貨物運賃の上昇が続いている。米アップルのサプライチェーン(部品の調達・供給網)による輸送需要に加え、毎年11月11日に行われるインターネット通販の販促イベント「双十一」と中秋節向けの中国路線の需要が運賃を押し上げる見通し。運賃の上昇傾向は年末まで続くとの見方もある。14日付経済日報が伝えた。

台湾航空大手2社は今週から、米国路線の貨物運賃を引き上げると発表した。長栄航空(エバー航空)は20~25%、中華航空(チャイナエアライン)は25~30%それぞれ値上げする。現在、米国路線の航空貨物運賃は1キログラム当たり約220~250台湾元(約800~900円)で、値上げ後は240元以上になる計算。6月以降で最大の値上げ幅となる。

アジア路線も今週から、1キログラム当たり8~18元値上がりしており、アジアからの長距離路線は、今後値上げ幅が3割に達するとの見方も出ている。

新型コロナウイルス感染症に伴う需要の高まりで、航空貨物運賃は4月以降から上昇傾向が続いている。市場では直近で「運賃のピークを過ぎた」との見方が出ていたものの、アップルの新製品投入の動きに合わせ、サプライチェーン各社が出荷を加速し、航空貨物運賃の値上がりにつながった。

航空貨物運賃の上昇に伴い、中菲行国際物流(ディメルコ・エクスプレス)や捷迅(スーネスト・エクスプレス)、台カ国際投資控股(カ=馬へんに華)などのフォワーダー(貨物利用運送事業者)も恩恵を受ける見通し。


関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: 運輸IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

秋2連休に東部旅行が活況 高いホテル予約率、北部は不振(09/25)

帆宣、手持ち受注が過去最高の255億元(09/25)

聯陽が年末まで受注いっぱい、コロナ特需で(09/25)

LEDの聯嘉光電、10年先まで受注好調へ(09/25)

台湾東洋、国際展開加速に5カ年計画(09/25)

亜泥が台南の工場資産を取得、5.2億元で(09/25)

タイヤ2社が値上げへ、自転車用の需要旺盛(09/25)

網家、東南ア向けの越境ECサービス開始(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン