• 印刷する

新興企業育成ランク、19年版が発表

インド商工省は11日、新興企業の育成支援に関する州・連邦直轄地のランキングの2019年版を発表した。

ランキングの公表は今回が2回目。商工省が各州・連邦直轄地の取り組みを評価するのは、競争環境の創出を通じ、新興企業の一段の振興につなげることが目的だ。各州・連邦直轄地は、資金の確保や公共入札への参加、法令順守のしやすさといった各側面での支援体制を評価された。

州・連邦直轄地は、19年版ではアッサム州以外の北東部の諸州を除いた国内の全州と北部デリーで構成される「カテゴリーX」と、カテゴリーX以外の全州・連邦直轄地で構成される「カテゴリーY」に大別された。最も評価の高い「ベストパフォーマー」は、カテゴリーXでは西部グジャラート州、カテゴリーYでは南部の連邦直轄地アンダマン・ニコバル諸島だった。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1万円や100米ドルと…(09/24)

6割の企業が回復を意識 政府のコロナ支援に期待=調査(09/24)

トヨタ、SUV「アーバンクルーザー」発売(09/24)

三菱ふそう、輸出向けバスの本格生産を開始(09/24)

モノタロウ、間接資材EC企業を子会社化(09/24)

米投資KKR、リライアンス小売部門に出資(09/24)

アマゾン、新たにインドの4言語に対応(09/24)

コロナで経費削減、太陽光発電に注目(09/24)

大型TVの需要増、コロナと低価格化追い風(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン