首都が行動制限を再導入、複数閣僚から批判

インドネシアの首都ジャカルタ特別州で14日から、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「大規模な社会的制限(PSBB)」が再び導入されることを受け、複数の閣僚が同州のアニス知事の判断を批判している。国営アンタラ通信などが伝えた。 アグス・グミワン産業相は「8月の製…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(20:11)

国営製薬キミア、アビガン生産へ準備(20:25)

テイクオフ:不要不急の外出は避けた…(09/23)

パーム油輸出、7月は回復 世界需要弱く、業界は内需に期待(09/23)

トヨタ、旗艦スポーツカーの新モデル発表(09/23)

シャープの空気清浄機、コロナで需要5倍(09/23)

パティンバン港運営、地場資本が過半=運輸相(09/23)

バンテン州の行動制限、10月20日まで延長(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン