レノボ、厦門とスマートシティー構想で提携

パソコン世界大手の聯想集団(北京市、レノボ・グループ)と福建省厦門(アモイ)市政府は8日、戦略提携協定を締結した。人工知能(AI)などデジタル技術を駆使して同市の行政をスマート化し、都市機能を高めた「スマートシティー構想」の実現を目指す。8日付新京報などが伝え…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国と通貨スワップ延長、人民銀(10/23)

PCBの相互が412人解雇、華為影響で(10/23)

電力公社、EV分野で中国企業と協力へ(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

5Gユーザー1.6億人に拡大 普及進む、基地局建設も急ピッチ(10/23)

運転免許取得、70歳以上も可能に(10/23)

中央財政の景気対策資金、1.6兆元が地方に(10/23)

中国首相、成長に意気込み(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン