積立基金の就業不能保険制度、10月から導入

シンガポール保健省は28日、中央積立基金(CPF)の下で長期就業不能保険の新制度「ケアシールド・ライフ」を10月1日から導入すると発表した。1980年以降に生まれたシンガポール人と永住権(PR)保持者を対象に強制加入させる。既存の介護保険「エルダーシールド」を強化し…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

総人口569万人、17年ぶり減少 外国人が流出、経済への懸念も(09/25)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

電子請求書、法人決済システムと連動へ(09/25)

グーグルペイ、地場2行の決済アプリと連携(09/25)

家計の金融資産、コロナ下で上半期は5%増(09/25)

テックファーム、日本産生鮮食品のサイト開設(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

海事港湾庁、電動港内艇を導入へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン