• 印刷する

「粗悪品か不安」、EC利用者の8割以上

ベトナム商工省傘下のEコマース・アンド・デジタル経済機関(iDEA)の調査に対し、電子商取引(EC)の利用者の83%が「粗悪品が届くことが不安」と答えた。現地のプラットフォームでは、中国製の模倣品販売などが横行している。サイゴン・ザイフォン(電子版)が26日に伝えた。

地場系ECプラットフォーム「センド」を通じて売られる「『ナイキ』と同様のデザインの女性用スニーカー」は、価格が15万9,000ドン(6.9米ドル、約730円)。販売業者は、中国製の製品と説明している。東南アジアのEC大手ラザダでは、「『エルメス』ブランドの高級バッグ『バーキン』と同様のデザインのかばん」が34万9,000~450万ドンで売られている。

ラザダのベトナム事業の担当者は「売られる製品を再チェックし、コピー品の販売が発覚すれば業者に罰を与えている」と説明するが、偽造品の流通に歯止めがかからない状況だ。

ベトナム電子商取引協会(VECOM)のグエン・ゴック・ズン副会長は「良質な商品を販売しなければ事業が継続しない」と警告した。消費者保護団体は、粗悪品を受け取った場合、関連機関に報告するように促している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

起業支援の「ルーツ」が始動 5年で百社の投資・専門家支援へ(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

トヨタ「フォーチュナー」新モデル投入(09/18)

自動車メーカーの特別消費税、納税猶予に(09/18)

鉄鋼ホアファット、国内シェア32%に拡大(09/18)

韓国企業、越に高級ペットフードを初輸出(09/18)

履物の輸出額、今年は目標達成困難(09/18)

製薬エーザイ、ホーチミン市に販社設立(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン