• 印刷する

EC各社、包装箱の回収拠点設置へ=環保署

台湾行政院(内閣)環境保護署(環保署)は、電子商取引(EC)各社が今後、包装用段ボール箱の回収拠点を設置する計画を明らかにした。EC産業の成長に伴い、段ボール箱やガムテープ、緩衝材などの包装資材が環境に大きな負担となっている問題に対応する。経済日報が伝えた。

EC業者が回収拠点を設置する。環保署によると、網路家庭国際資訊(PCホームオンライン、網家)、富邦媒体科技(momo)、台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)傘下の「台塑購物網(FPGショッピング)」などが計画に参画する意向を示している。

このうち網家は、公営郵便企業の中華郵政が運営する小包の郵送・受領用スマートロッカー「i郵箱」に回収拠点を設置する予定。早ければ10月末の試験運用を見込む。

富邦媒体は台湾通信大手の台湾大哥大(台湾モバイル)の実店舗に、台塑購物網はグループ企業の台塑石化(台塑化、フォルモサ・ペトロケミカル)のガソリンスタンドにそれぞれ設置する予定。

環保署は昨年9月、EC業者に対し商品の包装を軽量化するよう促すガイドラインを策定。資源の無駄遣いを減らすため、短期、中期、長期的に包装の軽量化を進める計画を示した。

長期計画では、EC業者に対し、2022年末までに再利用可能な箱や袋を資材全体の1割以上とするほか、資材の回収方法も確立するよう求めていた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、車庫娯楽と映画配信で提携(09/25)

新型コロナ感染者、510人に(09/25)

秋2連休に東部旅行が活況 高いホテル予約率、北部は不振(09/25)

帆宣、手持ち受注が過去最高の255億元(09/25)

聯陽が年末まで受注いっぱい、コロナ特需で(09/25)

LEDの聯嘉光電、10年先まで受注好調へ(09/25)

台湾東洋、国際展開加速に5カ年計画(09/25)

亜泥が台南の工場資産を取得、5.2億元で(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン