• 印刷する

AIIB、ムンバイの鉄道網改善に5億ドル

中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、インド西部ムンバイ都市圏(MMR)の鉄道網改善を目的とした「ムンバイ都市輸送事業第3期」に5億米ドル(約530億円)を出資する。

24日の政府発表によると、AIIBとインド中央政府、マハラシュトラ州政府、ムンバイ鉄道開発公社(MRVC)の4者が融資契約を締結した。同事業は輸送力の強化と安全性、サービスの質の向上の3点が主な目的で、安全対策では、線路への侵入防止と駅と車両双方の混雑緩和に重点を置く。

同事業には、AIIBのほか、中央政府が1億8,700万米ドル、マハラシュトラ州政府が3億1,000万米ドルを出資する。AIIBの融資の償還期間は30年で、5年の返済猶予期間が設定される。

ムンバイ都市圏では、通勤・通学客を中心に1日約800万人が鉄道を利用する。需要は現在も拡大し続けており、供給が追い付いていないのが実情だ。


関連国・地域: インド
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「祇園精舎の鐘の声 諸…(09/18)

車所有、コロナで前向き 4割が1年以内に購入計画=自工会(09/18)

三菱電機、デリーメトロ車両の電機品受注(09/18)

EV部品新興エンテュープル、資金調達計画(09/18)

バーラト重電、リニア特化のスイス社と提携(09/18)

インドスペース、グルガオンの土地取得へ(09/18)

空港でのPCR検査、ガイドライン発表(09/18)

8月の国内線旅客数、76%減の283万人(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン