• 印刷する

テイクオフ:広東道や上海街。香港に…

広東道や上海街。香港には中国本土の土地の名称がついた道が多い。

香港島・湾仔の観光スポット「利東街」の西側には、「厦門街」と「汕頭街」という細い通りが並んでいる。かつてこの辺りは海辺で、本土の福建省厦門(アモイ)や広東省汕頭(スワトー)から来る船が到着する埠頭(ふとう)だった。それぞれ厦門埠頭、汕頭埠頭と名付けられていたが、沿海の埋め立てによって埠頭はなくなり、出港元の地名だけが道の名前に残ったという。

二つの通りには古いビルとローカルな商店が所せましと並ぶ。すぐ隣の華やかな利東街とは正反対の雰囲気で、そのギャップに驚く。通りを南に抜けて突き当たる香港島の目抜き通り、皇后大道東(クイーンズロード・イースト)の向かい側には、海の神をまつる「洪聖廟」が見える。この辺りが海だった痕跡を今に伝えているようだ。(保)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たに2人の感染確認、累計は5058人(09/25)

ディズニー2期用地、白紙に 拡張困難、政府が契約更新せず(09/25)

新たに7人の感染確認、累計5056人(09/25)

反落、米株安に追随=香港株式(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

東亜銀行、保険子会社の売却手続きへ(09/25)

アント、香港上場で175億米ドル調達へ(09/25)

保険の富衛集団、来年にも上場か(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン