• 印刷する

解雇従業員の再雇用を奨励、人的資源省

マレーシア人的資源省は、新型コロナウイルス感染症による不況の影響で解雇された、マレーシア人・外国人従業員の再雇用を企業に奨励している。マレーシア人を優先し、求人が埋まらなかった場合、外国人の再雇用を認める。24日付スターなどが伝えた。

サラバナン・ムルガン人的資源相は、新型コロナの影響で、マレーシア人労働者の解雇や、労働許可証の期限が切れる前に解雇される外国人労働者が増えていると指摘。労働者は同省マレー半島人材局や社会保障機構(SOCSO)、人材開発公社(PSMB)を通じて、同省の再雇用イニシアチブにオンライン登録できると説明した。

同省は企業に対し、マレーシア人の求人を募集して人員が埋まらなかった場合に限り、外国人を再雇用するよう呼び掛けている。外国人を再雇用する際の申請書は、同省労働局のサイト<jtksm.mohr.gov.my>でダウンロードでき、行政都市プトラジャヤにある同局本局に提出しなければならない。

同省は当初、外国人を再雇用する際には、労働者が有効な労働許可証を所持していることと、同業種内であることを条件としていた。サラバナン氏によると、状況に応じて他業種からの再雇用も認める。ただ、マレーシア経営者連盟(MEF)が緩和を求めていた労働許可証については、これまで通り、有効期限が切れていないことを条件にする。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

10月から給与補助金第2弾 景気刺激策に100億リンギ追加(09/25)

マハティール氏、現首相の進退問う声明(09/25)

RM1=25.3円、$1=4.17RM(24日)(09/25)

労働者宿舎、基準引き上げ後に750件申請(09/25)

今年の新車販売、予測は46万~55万台(09/25)

中古車の需要拡大、コロナ感染リスク回避で(09/25)

中国の物流2社、越境EC配送で提携(09/25)

網家、東南ア向けの越境ECサービス開始(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン