• 印刷する

【アジアの本棚】『香港 中国と向き合う自由都市』

6月30日、中国の全国人民代表大会(全人代)は香港版国家安全維持法(国安法)を可決し、同法は即日施行された。国安法は国家分裂、政権転覆やテロ行為のほか、外国と手を結び国家安全に危害を加える行為の四つの罪を規定し、最高で終身刑になる可能性がある。

欧米各国が「香港の高度な自治と言論の自由に対する重大な侵害だ」と批判しているのに対し、昨年の逃亡犯条例改正を巡る香港での激しい抗議活動が社会の安定を脅かしたと考える中国は「この法律こそ一国二制度を守ることにつながる」と譲らない。

1997年の返還以降、50年不変とされていた香港が今後どうなるのか――歴史的背景も理解したいという人に本書をお薦めする。出版は2015年で、全人代が香港の行政長官選挙から民主派を実質排除したことに怒った若者らが市街地を占拠した14年の「雨傘運動」までは詳述されているが、逃亡犯条例反対運動はまだ起きていない。

しかし、英領時代から返還後までの香港の政治や社会の変化を解りやすくまとめており、中国との経済的融合が逆に、日用品や不動産を買い占める「大陸中国人」への反発を生み「香港人」意識が高まって来たこと、結果として香港市民が「金もうけの自由」だけでなく「自己決定の自由」を模索するようになったことなど、今日の事態に至った背景がよく分かる。

現在の日本での香港研究の第一人者と、日本文化専攻の香港の大学講師の共著。お笑いなど大衆文化に見られる香港人の意識の変化、日本のサブカルチャーの影響にも触れていて興味深い(雨傘運動当時には、人食い巨人と戦う日本の人気漫画『進撃の巨人』が比ゆ的に引用されたという)。

返還後に香港への関心が急速に冷めた日本では、岩波新書で香港についての本が出たのも30年ぶりだったそうで、いまだにジャッキー・チェンが香港を代表する人物だと思っている層も少なくない、という。

序文の冒頭に登場する、香港での中国政府の出先機関である中央政府駐香港連絡弁公室(中連弁)の初代主任を務めた姜恩柱が表現したように「香港は一冊の難解な書」であり、熟読しないと解らないことが実に多い。本書が指摘する「驚くほど自由だった」香港の変化に日本でも注目せざるを得ないと思う。

李怡著『香港はなぜ戦っているのか』

李怡著『香港はなぜ戦っているのか』

併せて読みたいのは、李怡(リー・イー)の『香港はなぜ戦っているのか』(坂井臣之助訳、草思社、20年)。香港のベテランジャーナリストが香港紙に連載したコラムをまとめたもので、こちらも原書は13年出版だが、香港人が中国や香港政府をどうみて来たのか冷徹な分析が光る。

──────────────────────────────

『香港 中国と向き合う自由都市』

倉田徹、張彧暋(チョウ・イクマン) 著 岩波新書

2015年12月発行 800円+税

──────────────────────────────

【本の選者】岩瀬彰

NNA顧問。1955年東京生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業後、共同通信社に入社。香港支局、中国総局、アジア室編集長などを経て2015年にNNA代表取締役社長。20年3月より現職

※特集「アジアの本棚」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2020年8月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/26)

工研院、SMBCと最先端技術セミナー(11/26)

みずほ、経済部と投資会議 ESGと半導体、TSMCが講演(11/26)

テイクオフ:「コロナ禍で春の花見を…(11/26)

2050年の炭素中立実現に協力 日越首脳が共同声明、関係深化(11/26)

10月の輸出額21.4%増、伸び率拡大(11/26)

生物多様性、脱炭素と一体に 気候危機「決定的な10年」(4)(11/26)

パナソニック、産業用IoT市場に進出(11/26)

ホーチミン市水改善、追加円借款で交換公文(11/26)

ASEMにも不参加、ミャンマー国軍(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン