• 印刷する

長江基建と電能実業、欧州の風力発電会社を売却

香港の大手複合企業、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス、長和)傘下で、インフラ投資を手掛ける長江基建集団(CKインフラストラクチャーホールディングス、CKI)と、香港の電力持ち株会社、電能実業(パワーアセッツ・ホールディングス)は17日、折半出資するポルトガルの風力発電会社を売却すると発表した。

売却するのは、2015年に共同で買収したイベルウインド。18日付香港経済日報などによると、イベルウインドは2027年に同国政府の固定価格買取制度に基づく電力の買い取りが終了し、それ以降は市場価格で電力を販売することになるため、運営上のリスクが伴うと判断したという。

売却手続きは今年4四半期(10~12月)に完了する予定。売却により長江基建は約11億HKドル(約150億円)、電能実業は約8億HKドルの特別利益を計上する見込み。


関連国・地域: 香港欧州
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

指定検疫ホテル2.3万室に 2カ月で3.8倍、入境者増に対応(05/27)

新たに251人感染、前日から横ばい(05/27)

ドンキ「鮮選寿司」、小西湾に3号店(05/27)

キャセイ乗組員、アプリに全活動の記録義務(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

MTRC、鉄道と不動産に1千億ドル投資(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン